2005年09月13日

うつぶせね

セージが突然寝返りの練習を始めたのは3ヶ月を過ぎた頃でした。下半身は難なくひっくり返るのですが、下になった腕がなかなか抜けないのでうつ伏せになれないのですね。何度チャレンジしても出来ないので、もがいて泣きわめいています。その姿を見ているのは忍びないのですが、自分で出来るようになるまで手伝ってはいけないとのことなのでじっと我慢していました。二・三日は、中途半端な半身のまま、疲れてしまったのか、そのまま寝るような状態が続いたのですが、3ヶ月と10日目くらいで完全に寝返りが打てるようになりました。

うつぶせから仰向けに戻る方が難しいそうですが、こちらも数日で難なく出来るようになりました。しかし、うつ伏せでいる方が好きなようで、あまり戻ろうとはしません。一つには、首が据わってきたので、頭を上げればうつ伏せの方が周りが見渡せるというのがあるんでしょうね。寝ているとほとんど天井しか見えませんから。

寝返りが打てるようになると、寝る時もうつ伏せのまま寝るようになりました。首はしっかりしているので、寝ながら頭を左右に振って、特に呼吸が苦しいということもなさそうです。

しかし、なんでまた急にうつ伏せでしか寝ないようになったのかなあと考えたら、はたと気付きました。一ヶ月を過ぎたくらいから、ぐずって仕方ない時はおんぶしたり抱っこしたりして寝かせることが多かったのですが、それがよほど快いんでしょうね。ママやパパの身体に抱きついて…というよりへばりついた格好で寝てる姿とうつ伏せの姿は全く一緒です。仰向けは独りぼっちで寝かされている感覚なんでしょう。うつ伏せだと安心して寝られるんだと思います。

寝ながら時々にやっと笑っています。夢を見ているんでしょうか。

2005年09月03日

アコースティックカーニバル2005

carnival2005logo.jpg

アコースティックカーニバル for Guitar 2005 というイベントをちょっとお手伝いしました。セミプロ級のギタリストが競演するイベントです。リハーサルの様子を収めた動画をアップしましたのでご覧ください。内容は同一でファイルの形式が違うだけです。

http://dp52008078.lolipop.jp/carnival_2005.wmv
(ウインドウズ・メディア 43.5MB)

http://dp52008078.lolipop.jp/carnival_2005.rm
(リアル 28.5MB)

ナローバンド(遅い回線)の方はこちらをどうぞ。

http://dp52008078.lolipop.jp/carnival_2005_58k.wmv
(ウインドウズ・メディア 6MB)

動画再生にはプレーヤー(無償)が必要です。クリックしても動画が見られないという方は、以下のサイトからどちらかのプレーヤーをダウンロードしてインストールしてください。

http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/default.aspx
(Windows Media Player)

http://www.jp.real.com/
(Real Player)

イベントの詳しい内容はこちら。

m-ets top

アコースティックカーニヴァル

2005年08月09日

赤ん坊の睡眠時間

IMG_0018.jpg

ミルクより母乳の子のほうが夜泣きが激しいそうですね。

確かに、うちの子は夜よく寝ます。2ヶ月になる前から深夜から明け方は全く起きなくなりました。6・7時間は寝ています。大人並ですね。しかし、しばらくはいつ起きるかビクビクしていたので、自分だけは必ず4時か5時くらいに目を覚ましていたので寝不足になりました。今はもう絶対に起きないと分かっているので寝ていられます。助かりますね。

ただ、逆に寝付く前が大変で、調乳指導したミルクメーカーの人の話によると、おそらくまとめて寝るためにミルクもまとめて飲もうとしているのだそうで、夜8時から12時くらいまでの間は泣いては飲み、泣いては飲み、ぐずぐずの状態が続きます。泣いていないで早く飲めばいいのに、と思うのですが、何をしても泣き喚き、ちょっと飲んではまた泣く、という感じで毎晩大騒ぎです。当然、家に帰っても何もできません。

暑くて寝苦しいせいもあるのかと思い、風呂の温度を下げて体温が上がりすぎないようにしたり、除湿器で湿度を下げてさわやかにしたりしてみましたが、駄目な時は駄目です。

とはいえ、3ヶ月を過ぎて、ぐずる時間は確実に減っています。泣き声も段々低くなってきて、赤ん坊の声から幼児の声に変わりつつあるようです。また、ミルクを飲む量も減ってきています。

それに、段々泣いていても慌てなくなりました。ある程度はもう慣れるより仕方ないですね。

2005年07月29日

紙おむつの値段

どこかに安い紙おむつがないかなと探しているのですが、どうやらどこも同じような値段だということが分かってきました。

ネットだとだいたい配送料を足してSサイズで1枚あたり18円から19円というのが相場のようです。

うちの近所のドラッグストア(セイジョー・セイムズ・クリエイト)だと、安いもので16円台と統一されています。メーカーでいうと、パンパースはちょっと高くて、ムーニーマンとメリーズが同じくらい、その時の特売状況で多少変わる、という感じですね。

こうしてみると、赤ちゃん本舗毎月26日本舗デイのSサイズ1枚あたり13円台というのがいかに安いかが分かります。開店前に並ぶ訳です。また、そうやって並んでおかないとあっという間にレジが長蛇の列になってしまいますからね。うちがよく利用する多摩境店はかなり大きな店ですが、全てのレジに店員が二人がかりで店の3分の2くらいの長さになってしまいます。そうなるとレジ待ちだけでまあ30分でしょうね。通路という通路に人が並んでしまうので、はっきり言って他の買い物ができません。

コツが段々分かってきました。開店前に行くのは当然ですが、駐車場待ちの列もあるので、駐車場が共通の他店舗にすかさず留めてダッシュ、その日はとりあえずおむつだけを買って帰るというのがいいようです。

そんな訳で、26日は赤ちゃん本舗。うちの子はそろそろMサイズです。

2005年07月26日

放送禁止歌 / 森達也

[ 書籍 ]

hosokinshika.jpg

『放送禁止歌』 森達也 知恵の森文庫

放送禁止歌を取り上げたドキュメンタリー番組の製作過程とその後の取材が内容の中心です。

この本の最も重要な主張については書かないでおきます。その衝撃と重さが薄れてしまうでしょうから。

私が興味深く思ったのは、全編に漂う被害者意識のようなものです。著者自身、同和問題に全く無知だった自分がその問題を追いかけることの負い目を「曖昧な不安と自己矛盾の反復を、僕はずっと払拭できないでいる」 と告白しています。しかし、どうやらそれだけではないようです。たとえば、著者はフジテレビの番組審査室考査部長にインタビューしているのですが、彼について「かつて報道畑。出世コースを外れたらしい。葛藤やいらだちが増殖し飽和しかけているはずだ」と書いています。しかし、それは著者の勝手な思いこみに過ぎないのかも知れません。フジテレビの社員と同和問題は無関係です。明らかに、著者は抑圧され虐げられた人間に感情移入しています。エリートコースを外れた敏腕記者、差別を受ける部落の人々、あるいは理不尽な理由で持ち歌を禁止され未来を閉ざされた歌手、そして、家族を養うために奉公に出され、寒空の下、赤ん坊を背負って寺の境内を歩く年端のいかない少女。著者の感情とそれらの人々への思いが共鳴して、文章に異様な迫力を生み出しています。テーマ自体も十分重いのですが、それ以上の何かが気分をより重苦しくしている感じです。

余談ですが、放送禁止歌が気付かれないうちに放送されてしまった例として、泉谷しげるのスタジオライブで「黒いカバン」という唄が歌われたとされていますが、私は偶然その番組を見ていました。「黒いカバン」は珍しく本人自身の作詞ではないのですが、そのためか、泉谷しげるは歌詞を忘れてしまい、たまたま客席で唄本を持っていたお客さんに本を借りて読み上げるようにして歌ったのでした。勿論、そんなパフォーマンスも非常に受けてました。

また、部落解放同盟でのインタビュー後に「放送前に内容をチェックできるか」と聞かれて、あっさり「できません」と答えていたのが印象的でした。放送前にインタビューした当事者に内容を見せるのは、全くの誤解や事実誤認を訂正するためには良いのでしょうが、番組の意図がねじ曲げられかねないという点を考えると拒否すぺきなんでしょうね。「インタビューを承諾したからには、とにかくこちらを信用してくれ」ということなのでしょうか。しかし、それはそれでせっかくの取材が台無しになりかねない訳で、著者の見識の高さに感心させられました。現実には妥協してしまう場合も多いんでしょうね。

メモ

p78部落解放同盟。今のテレビは自分たちの姿勢を絶対に肯定できない。誰も異論を唱えようとしない。今の方が問題。
p82テレビ製作の分業化。経済効率と客観性の担保。しかしドキュメンタリーはもともと単独の視点なのではないか。
p87 部落解放同盟は抗議していなかった。
p99エディアは権力ではない。力はあっても無自覚だから。
p181被写体と親しくなってから撮影を開始する方法と遠慮や反目も関係性の一つとして捉える方法。
p196子守唄と守り子唄の違い。赤ん坊をあやす唄と労働歌。「どしたいこりゃ きこえたか」竹田のもんば飯。おから。大根や菜っ葉の飯より貧しい。
p219解放同盟のマスコミ糾弾。誰ひとり反論しない。表現を職業に選んだ人が沈黙してしまう。情けない。

2005年07月18日

森のシンフォニー

ある本に紹介されていたおもちゃ屋さんです。

田園都市線市が尾駅の改札を出てすぐ向かい、横浜銀行隣のビルの2階です。1階は薬屋です。

基本的には木のおもちゃが中心で、素朴な積み木・ブロック・パズルなどの他にごっこ遊び用のキッチンセットなどが多かったように思います。年輩のご夫婦が営まれているようですね。相談すれば月齢にあったおもちゃを勧めてくれると思います。〇歳児用の単純なおもちゃも結構種類がありました。

先にお店にいた若いご夫婦のお嬢ちゃんがベビーカーに乗っているうちの子の顔をのぞき込んでチュッとほっぺたにキスしたのにはびっくりしました(笑) 女の子はおしゃまさんですね。

通販も出来ますが、サイトにある商品はほんの一部なので、お店の方に行かないのはちょっともったいない感じもします。

ドイツ製の鉄琴(正確には何という名前だったか…)が澄んでいるのに響き渡るとんでもなくいい音がしていました。ちょっと値は張りますが、音の狂ったトイピアノを与えるくらいならああいういいものを買ってやりたいですね。パパは音痴だから…

三色の玉がついたがらがら「さくらんぼ」とおしゃぶりをベビーカーに止めておくベビーチェーン(木の熊が数珠のようになっている可愛いもの)を買いました。また、そのうち行ってみます。

^^森のシンフォニー

2005年07月13日

ミリオンダラー・ベイビー

milliondollarbaby.jpg

ネタばれあります。見終わった方以外は読まないでください。

脚本・役者・演出・音楽など全てが素晴らしくて見応えがありました。バランスがいいですね。また、常套手段かも知れませんが、ボクシングの意味と主人公の生きる意味が重なっていく展開はスリリングでした。

ヒラリー・スワンクの熱意に負けてクリント・イーストウッドがついにコーチを引き受けるシーンの照明は、「マディソン郡の橋」の「君を忘れない」とか言って別れるシーンの光と陰と同じでしたね。片方は別れ、片方は強い絆で結ばれる訳でシャレてます。

ラストについて「障害者となっても力強く生きている人もいるのに自殺を賛美するような内容は許せない」という評がありました。しかし、自殺を選ぶ人も確かにいる訳です。だから、それを認めるか認めないかはやはり思想信条によります。従って、思想信条によって映画を評する危険には十分考慮しないといけないと思います。また、「許されざる者」が暴力を肯定した映画ではなく、「マディソン郡の橋」が不倫を勧めている映画ではないように、この映画も必ずしも自殺を肯定しているのではないのは明らかですね。

とはいえ、重いエンディングであるのは間違いありません。最後にその気分を救ってくれるのは、再びジムに現れる、いかにも頭の悪いあの白人ですね。本筋のストーリーとは無関係ですが、「渚のシンドバッド」で最後に川から拾い上げられる自転車のような爽やかさがありました。

ミリオンダラー・ベイビー

(2005.5.29 ワーナーマイカル新百合)

紙飛行機来ました

[ 書籍 ]

airplane.gif

amazonに注文していた紙飛行機本が届きました。

妻の甥っ子がちらしだか包装紙だかで工作をして遊んでいたのを見て、こんなの喜びそうだなと思ってプレゼント用に買いました。しかし、まだ小学校1年生なので、昔からある紙飛行機本は難しすぎるだろうし、ましてやゴム動力のプロペラ付きなんてまず無理です。小学校低学年向けの紙飛行機本なんてものがあるのかどうかも分かりません。それらしいのがあったとしても、amazonで中身を見ずに買うのはあまりにリスキーです。

そんな訳で、 Guitarist’s PaperplaneのnorthCountryさんにご相談しました。ど素人の素朴な質問って意外と面白いものだったらしく、色々考えて推薦していただきました。その中から選んだ2冊です。

両者の基本コンセプトは「型抜きしてあり、はさみいらず」「折り目が最初から付いている(要するに点で抜いてある)」「組み立てはホチキスで留めるだけ」というものです。なるほど、これなら小さい子でも出来そうですね。

違うのは、一つは現実にある飛行機をモデルにしていて、もう一つは戦闘機をイメージして(多分)自由に創作されたものだという点。「H2ロケットは飛行機じゃないだろ」「ヘリコプターは飛び方違うだろ」とか突っ込みどころはありますが、どちらも子供が喜びそうな楽しいデザインです。裏表紙を広げると飛行場になっていて組み立てた飛行機を並べられるようになっているところもグーですね。

恐らく、おもちゃ屋さんには売っていないでしょうし、子供用のトイとしては意外と盲点なんじゃないでしょうか。値段が安いのにたっぷり楽しめるというのもポイント高いですよ。

これでよく飛んでくれたら喜ぶだろうなあ。

すぐできる!!よくとぶ!!ホッチキス紙ヒコーキ ひこうきへん

作って遊べるペーパークラフト〈1〉超(スーパー)紙ひこうき

Guitarist's Paperplane

Guitarist's Paperplane別館

2005年07月09日

授乳は交替で

常識的に新生児の3時間ごとの授乳というのは知っていましたが、やはり相当大変ですよね。

大抵夜中に2回くらいは起こされます。さすがに3回も起こされると全く寝た気がしません。「眠い」を通り越して気分が悪くなります。逆に、たまに4・5時間寝てくれて、授乳が1度で済んだ時にはなんだかぐっすり寝たような気がします。睡眠時間が30分短くなっただけでなんとなくだるかった昨今では考えられません。とはいえ、赤ん坊の睡眠が長いとその後の授乳が早まって後が大変だったりするので喜んでばかりもいられません。「ここで目を覚ましてくれると、風呂に入れてすぐミルクを飲ませれば少しのんびり出来るなあ」などという大人の思惑がある時でも、そううまく行くとは限りませんね。無理矢理起こすとそれはそれでペースが乱れる要因になります。段々昼間起きて夜寝るペースが出来つつあるようですが、そう思ったのも束の間、家に帰ってから12時過ぎまでぐずるのに付き合わされたり、抱きながら晩飯をとったり、なかなか悪戦苦闘です。まだまだ、「しつけ」などという時期ではありませんから、今はまだ赤ん坊のペースにこちらが合わせてやる他ないようですね。

しばらくはこんな生活が続く訳です。授乳の回数が減って離乳食が始まっても、夜泣きが完全に止むのは1歳でしょうか、2歳でしょうか。

これほど大変な授乳が母親一人に委ねられた時何が起こるか。容易に想像が付きます。育児ノイローゼ、育児放棄、鬱病や幼児の虐待、それらは最悪の事態のようですが、実際自分が体験してみると、それも無理はないと実感出来ます。

せめて、夜の授乳くらいは夫婦交替でやらないと無理ですよね。3時間ごとにミルクを飲ませ、1回の授乳に30分はかかるとしても、交替でやれば5時間以上は寝られる計算になります。毎日続けて5時間寝られたら、まあ十分といえるのではないでしょうか。

とはいえ、なかなかそう計算通りには行きませんから、5時間も寝られる日は滅多にありません。どちらが赤ん坊の泣き声で目を覚ますかはその時次第ですし、一度起きたらなかなか寝付けないで朝になってしまう日もあれば、疲労困憊で赤ん坊の泣き声を聞いてもどうしても身体を起こせない時もあります。ただ、授乳の度に二人で起き出すのは体力の無駄以外の何物でもないので、我が家では出来るだけ一人が起きて一人は寝ているようにしています。起きられる方が起きるということで、まあ一晩ずつの交替という感じでしょうか。

仕事が急がしくて、とても育児に参加できないという父親も多いでしょう。あるいは、子供が小さいのに単身赴任を命じられて家にいないという場合もあるかも知れません。とても不幸ですね。それが当然とされている社会は間違っていると思います。

授乳は両親が交替ですべし。

(ただ、完全に母乳で育てたい場合には別ですけど。逆に言うと、100%母乳で育て上げた方は本当にすごいと思います。私が女性だったら…多分無理です)

2005年07月05日

つるっこに行った

まだ2ヶ月ですが、相当体重も増え、首もだいぶ据わってきました。目もかなり見えるようになってきたようで、ただ寝ているだけでは退屈そうです。そろそろ休みの日に出かける場所を考え始めました。

日曜日に行って来たのは町田市鶴川にある児童館「つるっこ」です。鶴川中学の跡地に今年4月に開所したばかりの新しい施設です。「つるっこ」とは、禅寺丸と並ぶ町田特産の柿で、寒風に晒されれば晒されるほど甘くなることから、子供達もつるっこのように強く育って欲しいという願いを込めて付けられた名前だそうです。

町田は児童館が非常に少なくて、市が運営するものは金森にある「子どもセンターばあん」とここだけのようです。ただし、NPOが運営するものが玉川学園にあります。

芝生の庭に向かって扇型に開いた建物が今風、かつ開放的でおしゃれです。(ただし、芝生は育成中で庭には入れない)1階には小さい体育館、図書スペース、調理室、工作室、2階には遊戯室、音楽スタジオ(!)、乳幼児室、調乳室、授乳室、畳の部屋、ボールプールなどがあります。ほぼ、子どもセンターばあんに準じているようです。音楽スタジオは、中学生以上で講習を受けた者だけが利用できるとのこと。受付で遊技の貸し出しもやっています。0歳児を持つ親としてはいつでも適温が出る湯沸かし器と子供用ベッド、おむつ替え用のスペースが用意されているのが何ともありがたいです。幼児用のスペースは未就学児童とその親しか入れず、授乳室はそこの隅に当たる静かな場所にあるのが気が利いています。

怪我を防止するためでしょう、普段使わない扉などはテープで固定されていました。

まだ完全には整備されていないのか、公共施設だったら必ずあるはずの標識が入口になく、少し迷ってしまいました。鶴川中学を知っていた人ならいいんでしょうけどね。代わりに鶴川市民センターを目標にするといいでしょう。市民センターの裏に消防署とテニスコートがありますが、その脇の新しい道が入り口です。車でなければ、鶴川中学の正門がまだそのまま残っていますから、そちらからも入れます。

0歳児を連れているのは私達だけだったらしく、早速お母様達や子供連中に囲まれて質問攻めになり、和やかな雰囲気になりました。

児童館にしてはかなり贅沢な作りです。また、ガイドブックには一切載っていないでしょうから、利用者も少ないらしく、結構空いていました。勿論、無料ですし、穴場と言えるでしょうね。

町田市民でなくとも利用出来ます。

子どもセンターつるっこ